創造エネルギーの自己覚醒の旅・・・   創り伝える魂の殿堂

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリーナシャクティ2013.5.24来日!!
2010 .4月 COLLINA SHAKTI SHOW in TOKYO

★キャラバンサライプロダクション主催のショーに
           川輝孟護も出演させて頂きました。

川輝孟護Blog コチラ↓
http://kawakimomo.blog29.fc2.com/blog-entry-21.html

★ミシャールのヘアーメイクも担当させて頂きました。

Fantasia Blog コチラ↓
http://fantasiafan.sblo.jp/article/37099292.html


★★2013.5月24~26
今年もコリーナシャクティ来日します!!
         お見逃しなく!!★★


colleena2013Flay.jpg

Colleena Shakti http://www.colleenashakti.com/

karavanserai productions http://www.kervanserai.com/

本日 立夏
本日 立夏
夏の気配が感じられるころ。四月節。暦便覧には「夏の立つがゆへなり」と記されている。
5月6日頃(2012年、2013年は5月5日)。
および小満までの期間。
太陽黄径45度。
穀雨から数えて15日目頃。八十八夜の3、4日後。
春分と夏至のちょうど中間にあたります。
この日から立秋の前日までが夏季。
新緑の季節で、九州では麦が穂を出し、北海道では馬鈴薯や豆の種まきが始まります。 蛙が鳴き出すのもこの頃からです。


チベットフェスティバル2013 東京
5月1〜6日 大本山 護国寺
慈悲の国 チベットの心に染まる6日間
日本初の規模!24名のチベット僧侶が命あるものの幸せと平和を願い、仏画(タンカ)絵師、仏師を伴って来日。 砂曼荼羅、タンカの美術展と仮面舞踏(チャム)公演を行い、チベットの料理人や音楽家たちが仏の教えが根づいたチベット人の暮らしを再現します。
深く豊かなチベットの心に出会える貴重な機会

IMG_7312.jpg

IMG_3182.jpg

IMG_5520.jpg

IMG_5995.jpg

IMG_1859.jpg

IMG_4921.jpg

IMG_6631.jpg

IMG_5674.jpg

IMG_8578.jpg

IMG_6676.jpg










Anello Capuano ,Mishaal来日 2013!
Anello Capuano in CONCERT with Mishaal SHOW 2013.4.26

keravanserai presents
http://www.keravanserai.com
http://www.devadasi.jp/

多彩な才能を持つ巨匠アネーロ・カプアノwith ミシャール 来日公演 & ワークショップが開催されました。


長年私は、ミシャールのステージ、写真・DVD撮影で、専属トータルビューティーアーティストとして活動させて頂きました。
この度は、彼女の来日に際してショーでのトータルビューティ(メイク・ヘアー・着付) を創らせて頂きました。
ショーでのトータルビューティ近況はコチラ↓
http://fantasiafan.sblo.jp/?1367445372


Work shops: Anello Capuano,
Oriental Dance on the stage, Dance Circle, Oriental Rhithms

アネーロ カプアノのワークショップでは、丁寧に、分かりやすくアネーロのユーモアと優しさ溢れる空間でした。初歩的な基礎知識から~表現方法、心の深い部分で音を感じ奏でるという心との繋がり、、、世界中で活躍するミュージシャンであるとともに俳優でもあるアネーロ独特の魂に響く、彼の魅力溢れるワークショップでした。

IMG_5221.jpg

923419_518446464859066_264698360_n.jpg



Work shops: Mishaal
Goddess Gathering, Dancer Temple, Shakti dance,

ここに有る空間を超えた超神秘の神聖な世界。己の体を神聖な寺院とし大いなる宇宙・広大な自然エネルギーを降ろし、内なる自己神を目覚めさせる身体の解放。
彼女は意識の扉の鍵を握る存在。出逢う人々の意識を目覚めさせてゆく。
導き手であり、エナジーチャージャー、癒し手….

出逢ったときからの現象です…己が覚醒することが必要なときに彼女に触れ、魂の回帰現象が起こります。そのたびに自分が何者であるのかを感じることができます。
感動と感謝と愛でいっぱいです….
image_1367420701695277.jpg




Mishaal, Anello Capuano,,聖なる時間をありがとうございました☆=



彼岸...「向こう彼方の岸」
桜1
しだれ桜咲きみだるる....

彼岸1

「彼岸」とは「向こう彼方の岸」という意味します。これは仏教では、現世という(「此岸(しがん)」)世界からそれより先の、死後の世界(煩悩”今世でのあらゆる欲や豪”)を捨て去り到達することがぎきる悟りの世界。であることをことをいいます。

桜2

仏教では、仏様や先祖の住む極楽浄土は西「西方浄土」にあるとされます。
太陽が真西に沈む春分・秋分には、極楽浄土が近くなると考えられました。

彼岸4


そのようなことから、この時期を「お彼岸」(彼岸会(ひがんえ))といい、先祖に感謝し、偲び供養し、自らも、悟りの世界に到ることを願い日々精進する日とされてきました。

彼岸5

彼岸3







春分・彼岸会(ひがんえ)
今日は春分の日。この日にちなんだ祝宴●彼岸会(ひがんえ)を行います。

24節気の「春分」 お彼岸の中日(計7日のうちのちょうど真ん中の日)です。

春分とお彼岸の関係を大切に過ごしてみましょう。
暖かな陽気、春うららかな日差しを感じる頃。”生物を慈しみ、自然をたたえる”日。自然の息吹を全身に感じ身を委ねましょう。


では、「春分」・「秋分」とは何でしょうか?
太陽が「春分点・秋分点」の上を通過する瞬間が、この「春分」「秋分」と定義されます。
「春分」「秋分」を含む日のことを、それぞれ「春分日」「秋分日」と呼びます。
「春分点・秋分点」とは、
太陽は星々の間を移動しています。その通り道を「黄道」といいます。
地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」といいます。
「黄道」と「天の赤道」この両者は、それぞれが傾いているためにいずれ2点で交わります。
その2点の交差点のうち、太陽が南から北へ赤道を通過する点が「春分点」(黄経0度)、太陽が北から南へ赤道を通過する点が「秋分点」(黄経180度)です。
「春分日」境に、昼が少しずつ長くなっていきます。「秋分日」を境に、夜が少しずつ長くなっていきます。
太陽は赤道の真上を通ります。地球から見ると、太陽は真東から昇って真西に沈み、昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなります。


春分・秋分 そしてお彼岸

春分・秋分の頃は、「お彼岸」です。
春分・秋分の前後3日、計7日間を「お彼岸」といいます。
お彼岸の最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸の明け」と呼んでいます。
春分の日、秋分の日をお彼岸の「中日」(ちゅうにち)といいます。

お寺では仏様を供養する法要が行われたり、この日は身の回り、心身を清めて、祭壇を飾って仏壇にお供えものをしたり、故人を偲しみ手をあわせたり、ご先祖供養にお墓参をしたりします。


春分・秋分の頃がなぜお彼岸なのかというと・・・

「彼岸」とは「向こう彼方の岸」という意味します。これは仏教では、現世という(「此岸(しがん)」)世界からそれより先の、死後の世界(煩悩”今世でのあらゆる欲や豪”)を捨て去り到達することがぎきる悟りの世界。であることをことをいいます。

仏教では、仏様や先祖の住む極楽浄土は西「西方浄土」にあるとされます。
太陽が真西に沈む春分・秋分には、極楽浄土が近くなると考えられました。

そのうなことから、この時期を「お彼岸」(彼岸会(ひがんえ))といい、先祖に感謝し、偲び供養し、自らも、悟りの世界に到ることを願い日々精進する日とされてきました。

また、春分・秋分は昼と夜の長さがほぼ等しい日であることからも、仏教の「中道」の教えかたみて、この期間にお彼岸の法要を行う、という説もあります。

また、農耕生活に深く根付いた行事でもありました。
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があります。丁度、季節の変わり目です。
昔より、農家ではお彼岸を目安にして、春の種まきや秋の収穫の時期を行ってきました。
はるか昔により日本人の農耕生活に深く根付いた行事だったようです。


■お彼岸に、ぼたもち・おはぎ で邪気払い 

小豆の赤い色は、古来より、邪気を祓う、災難を除けると信じられていました。
この信仰が、先祖の供養と結びついたといわれています。


”ぼたもち”と”おはぎ”――
お餅を小豆の餡でくるんだ和菓子。基本的には同じものと考えてよいようです。

違いといえば・・・その季節に咲く花にたとえています。
春・・・牡丹が咲く頃のものを「牡丹餅」
秋・・・萩の花が咲く頃のものを「お萩」
というのが最もポピュラーな説です。※その他にも諸説あります。


本日は、自然の息吹で浄化、ぼたもち「牡丹餅」で邪を祓い、先祖に感謝し祈りの”彼岸会(ひがんえ)”

”春分の日”皆様にとって、穏やかなるひと時でありますように・・・

七幅即生


Copyright © Energy Space 万神殿. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。